女性向け風俗の情報なら「レディフー」

コラム

婦人科医が教えるからだのケア

女医さんからのアドバイス
2018年6月03日

ムダ毛処理、バストアップに膣トレなど、いざというときのために日々気を付けている女性の皆さんも多いのではないでしょうか。
そんなからだのケアについて、間違いがあったら大変!ということで、今回は大切な女性のからだのケアについて、
婦人科医のA先生にいろいろ教えていただきました。

毛って抜いても大丈夫? みんな処理してる?

いわゆるムダ毛、わき毛や、陰毛に限らず、体毛を抜いたり剃ったりする方が多いと思います。

抜いた場合、毛穴に炎症が起こりやすくなり、毛穴が膨らんで目立つようになってきます。
しかも、抜いてもまた生えてくる為、次に生えてきた毛が皮膚の下に入り込んでしまう、埋もれ毛(うもれげ)になりやすくなります。

埋もれ毛になってしまうと、表皮をすこし切開して毛を出してやらなくてはならなくなりますので、ご自分での処理が難しくなってしまい、美容皮膚科などで処置して貰うことになります。

 

毛を剃ることを剃毛(ていもう)と言いますが、カミソリを使う為、皮膚の表面もこすり取ってしまうので、カミソリまけを起こしたり、切れて出血する事もあります。

炎症が起こった後は、色素沈着がおこりやすくなります。こすり過ぎたり、皮膚がいつも何かに当たったりしている場合に色素沈着が起こりやすくなります。
例えば、いつもナイロンのタオルで体をこすり洗いしていたりすると、強く洗ってしまう所に色素沈着が起こりやすくなりますし、
膝をついている人は、膝が黒く色素沈着を起こしやすくなります。また、股ずれなども色素沈着の原因になります。

外陰部も同様で、いつもきついガードルなどが鼠径部に当たっていると、その部分に色素沈着を起こしやすくなります。

カミソリを使いたい場合は、必ず女性用の肌当たりが優しい物を使用し、お風呂場などで、女性専用のシェービングクリームや、シェービングジェルで泡をつけてすべりを良くし、毛を柔らかくしてから剃りましょう。
ボディソープや石鹸には毛を柔らかくする効果などはない為、シェービング専用のものをお使いになる方がトラブルが少なくなります。

医療脱毛は、医師のいる美容外科、美容皮膚科や婦人科での脱毛が安心ですが、脱毛の施術前には必ず剃毛してくるように言われますので、医療脱毛が終わるまではいずれにしても剃毛が必要になります。

あの、あそこの毛はどうしたらいいでしょうか…?

V、I、Oラインの陰毛の処理は、専門機関での脱毛をお勧めします。
医療レーザー脱毛は痛みが強く、光脱毛は痛みはあまりありません。特にSHR光脱毛は温かいか、やや熱い位で、白髪も取れ、施術時間も早く、サイクルもレーザー脱毛より早いため、脱毛期間か早く終了します。

 

おっぱいって揉んだら大きくなるってほんと?

乳房は女性ホルモンの影響を受けて大きくなりますので、セックスがはじまる年齢になれば徐々に大きくなります。

セックスの際に、パートナーに胸を揉んでもらえれば、ホルモン分泌の刺激になり、大きくなりやすいと考えられます。
また体を触ることで、脳から分泌されるホルモンのオキシトシンには癒し効果があると言われています。

また乳房を大きくさせる食べ物は、天然型の女性ホルモン類似物質である、イソフラボンを多く含む大豆製品、お豆腐、大豆の煮豆、厚揚げ、豆乳などがあります。
また、女性ホルモンを出させやすくする、ボロンという物質も話題になっています。

キャベツやリンゴ、海藻やナッツに含まれるボロンは女性ホルモンを出しやすくする効果があると言われています。
生で食べるのが良いとされています。

また、プエラリアミリフィカと言う木の根っこから取られるサプリメントも天然型女性ホルモン類似物質です。バストアップの為のジェルや、サプリメントとして売られています。
イソフラボンより強力で、取りすぎると不正出血を起こすことがあり、
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮内膜増殖症などの疾患をお持ちの方々は厚労省から注意勧告も出されていますので、使用には注意が必要です。

 

セックスのあとって消毒とかした方がいいんですか?

セックスの前にシャワーを浴びる事が大切です。
不潔なままセックスがはじまると、膀胱炎の原因になったり、ウイルス感染の原因になります。
セックスが終わったらシャワーを浴びて清潔にしておくことをお勧めしますが、消毒は必要ありません。膣洗浄も特には必要ありません。

外陰部などの粘膜には、一般の消毒薬を使ってはいけません。消毒薬には毒性がありますから注意が必要です。

 

オナニーしないと狭くなるってほんと?

まだセックスをした事がない方は、膣内に物を入れると痛みが起こります。
細い指などから徐々に慣らして行く事をお勧めしますが、不潔な物を入れない事、指は清潔にする事を守るようにするとトラブルを避けられます。
恐らくは、オナニーをする事で女性ホルモンの分泌はよくなると思われます。
自分で自分のどこが気持ち良いのかを探ることは、パートナーと気持ち良いセックスをする為にも大切な事であり、自分の体を知っておく事も大切です。

しばらくパートナーがいないために性交がない場合でも、生理がある間は、膣が急激に狭くなることはありません

久しぶりの性交で、多少膣が狭くなったように思えるかもしれませんが、緊張でそのように感じる場合が多く、閉経前の女性で、周期的に月経が来ている方なら突然膣が萎縮する事はないと思われます。

生理がなくなる閉経後、女性ホルモンが低下してくると、膣の入り口は狭くなり、膣壁のひだも萎縮して、平坦になって来ます。

現在閉経の平均年齢は50.5才と言われていますが、50才過ぎても月経がある方も沢山いらっしゃいます。

閉経後は、膣の入り口が狭くても、膣圧が高いわけではないので、膣をギュッとしめる為の骨盤底筋体操をして、若いうちから膣圧を高めることは、歳を取ってからの尿漏れなどを防ぐ事にもなります。


【関東の婦人科医A 2018.05.30】

 

なるほど!日々の生活からからだを清潔に保つように気を付けますね。

A先生ありがとうございました!

 

ページトップに戻る

このWEBサイトは、成人向けコンテンツを含みます。
18歳未満の方の閲覧をお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?

Copyright ©2018 女性向け風俗の情報サイト『 ladyfuu(レディフー)』. All Rights Reserved.