女性専用風俗をお探しなら女性向け風俗店舗情報のみが掲載されている情報サイト『レディフー』でお好きな店舗、気になるキャストなどをお探しください!

コラム

女性向け風俗の専門用語

風俗の楽しみ方
2017年12月24日

ここまで、女性向け風俗の種類と注意点についてご説明しましたが、

女性向け風俗について

女性向け風俗の注意点

今回は様々な専門用語を見ていきたいと思います。

 

本番行為

本番行為とは性行為を指しますが、実はこれは売春防止法で風俗店では原則禁止されています。

届出(無店舗型性風俗特殊営業届出)

性風俗は、法律で性風俗関連特殊営業というものに分類されており、すべての店舗は都道府県へ営業届を出さなければいけません。

この届出には責任者の本籍や事務所所在地が記載されているため、万が一利用者と店舗などがトラブルになった際に警察を通じて照会することができます。

店舗型、無店舗型(出張型)

風俗店には、店舗を構えて利用者を待つ形態と、こちらから電話やメールで指定の場所へ来てもらう形態があります。それぞれを店舗型、無店舗型と呼び、料金システムなどが大きく異なります。

女性向け風俗店はほぼ全てが無店舗型となっています。

ラブホテル

ブティックホテルなどとも呼ばれます。2時間、6時間などの時間単位で利用が可能で、広いベッドや浴室があるため、出張型風俗ではラブホテルが使われることが多いです。

キャスト ホスト マッサージ師 男優

店舗の従業員のことです。それぞれサービスの形態によって呼び方が異なります。あまり一般的ではないかもしれませんが、レズ性感などもひっくるめるとキャストと呼ぶのが便利かなと思います。

道具 おもちゃ

ローターやバイブ、媚薬などのことです。指のみでの施術、道具を使った激しい施術、など希望を伝えると対応してもらえると思います。

道具はアルコール消毒していたり、コンドームなどを被せて、性病対策をしているかどうかをチェックしましょう。

ソフトSM

初心者向けのそこまで激しくないSMです。性感マッサージのサービスによく含まれます。

軽く体を縛ったり、手錠で手足を拘束したり、言葉攻めをされたり、といったものが多いです。怖くなったり痛いと感じたら正直に伝えて、ゆっくり施術してもらいましょう。

イメージプレイ コスプレ

家庭教師や上司などに扮して、AVのようなシチュエーションを楽しむプレイです。

セリフを言ったりするのが気恥ずかしいという人もいて好みのわかれるプレイかもしれません。

 

 

 

 

この記事を書いた人

最近の投稿

ページトップに戻る