女性専用の女性向け風俗店舗検索サイト『レディフー』は性感マッサージをはじめ、地域を絞った店舗・ホスト検索や性コンテンツなどをお届けします。

コラム

私が体験した、キャストのスマートなエスコート特集

風俗の楽しみ方
2018年4月25日

女性向け風俗、出張ホストでは細やかな気遣いがうれしいもの。
今までにされて嬉しかったこと、感心したことをご紹介します。
女性の皆さまはどんな経験をされているでしょうか?店舗運営者の皆さまは自慢のエスコートなどあるでしょうか?

まずは中級編? できればお願いしたいスマートなエスコート!

待ち合わせでのスマートなエスコート

以前車から出てさっとドアサービスをして車に乗せてくださった方がいてキュンとしたことがあります。

やはり待ち合わせでの顔合わせは一番緊張するところ。
しかもやはり風俗利用となると少し人目も憚りますよね。
そこでもたつかれたり、雑な扱いだとその後の施術になんだか不安になってしまいます。
第一印象は大事ですね。
もちろん車の中が清潔、というのはマストじゃないでしょうか。

 

気が付いたらムード作り完成。魔法のよう!

入室後のひととき、どんな雰囲気になるかドキドキするところです。
私が心地いいなと感じた入室後の様子がこちら。

オシャレなカウンセリングシートに「記入できるところだけ書いてみてください」と言われて記入に集中しているあいだに部屋のセッティングを終わらせてしまっていました。
照明を少し落として、軽くアロマをたいてヒーリングミュージックをかけて、飲み物も準備万端!
手際のよさにびっくりしました。

やっぱり緊張を解いて施術に集中するには少し時間がかかりますから、入室すぐに雰囲気を作ってくださるのはありがたいですね。

 

水分補給は大切です

初めての利用では、緊張で喉がカラカラという女性も多いのではないでしょうか
もちろん施術を受けたりシャワーを浴びたら汗もかきます。
でも、水分を持ってきていなくて、なかなかキャストさんにも言い出せず、泣く泣く我慢…ということもありました。

「喉は乾いていないですか?」とさっとペットボトルのお茶を差し出してくれたり、ホテルのサービスを注文してくれると、気遣いにほっとしますよね。

 

ここからは上級編! ただただ驚いた細やかすぎる気遣い!

ラブホテルでの部屋選び、したい派?したくない派?

女性向け風俗を利用しているのが周りにばれるかも…と思うと、ラブホテルで他人とすれ違うのって少し気まずい思いをしますよね。
特に部屋を選んでいるときが危険なポイント。
いい部屋が空いていなくて迷っているところを見られるのも恥ずかしいかもしれません。

ここで、「先に部屋が空いているか見てくるので、車で待っていてくださいね」と仰ってくださった方がいて、心遣いが細やかだなあと感心しました。
すぐに戻ってきて「6,000円のお部屋が空いていましたよ」と教えてくれて、スムーズに入室できました。

 

アクセサリー、外してどうしてますか?

施術ではピアスや時計、指輪を外すことも。
外でアクセサリーを外したときって、うっかり忘れたりカバンの中でぐちゃぐちゃになってしまったりしませんか?
ここでさっと「アクセサリーケースです。お使いください。」と小さな箱を貸していただけて驚いたことがあります。
きちんとケースにしまっておけば忘れることもないですし、何より気遣いがとてもうれしいですよね。

 

お風呂場でほっこり。足元を冷やさない気遣い!

施術の前後には汗を流しにシャワーを浴びることが多いかと思います。
ラブホテルのお風呂場って広くて豪華ですが、ちょっとひんやり足元が寒いと感じたことないですか?
私が驚いた気遣いは、気づかないうちにお風呂場全体をシャワーの熱湯であたためておいてくれたこと。
特に冬場はお風呂場でほっこりと温まることができました。


以上、今回は私が嬉しかったキャストさんの気遣いを特集しました。

皆さまも素敵な経験がありましたらぜひご意見をお寄せくださいね。皆さまがよいキャストさんに出会えますように!

この記事を書いた人

最近の投稿

ページトップに戻る

女性向け風俗(女性専用の性感マッサージ)の店舗検索サイトです。成人向けコンテンツを含みますので
18歳未満の方の閲覧をお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?

Copyright ©2018 女性向け風俗の店舗検索なら『 ladyfuu(レディフー)』. All Rights Reserved.