女性専用風俗をお探しなら女性向け風俗店舗情報のみが掲載されている情報サイト『レディフー』でお好きな店舗、気になるキャストなどをお探しください!

コラム

女医のAさんより自己紹介を頂きました

女医さんからのアドバイス
2017年4月10日

コラムをお届けして頂いている女医のAさん

皆様はじめまして、産婦人科の医師として関東で勤務しておりますAと申します。
性別は女性です。普段は、産婦人科の外来診療を担当しております。
皆様のお役に立てる情報をお届けできたらと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

 

「セックスをしたことがないんです!」と訴える患者様

外来診療には沢山の患者さんがいらっしゃいます。

その中でも、自分の性器を見た事も触ったことも無く触るのが怖い方、またご結婚されて数年経過していますが一度もセックスをしたことが無い方を時々見かけます。カウンセリングが必要な事も多いのですが、まずはご自分の性器に慣れていただくことをご提案しています。

また、セックスの経験が無いまま40代半ばを過ぎて「私はこのまま女性として終わってしまうんでしょうか」と相談に来られた方もいらっしゃいます。ご希望がありましたので、オシャレ女性向け風俗の利用などをアドバイスさせて頂きました所、ご本人のお考えと私のアドバイスがマッチした様で、次回来院された際、とても素敵な雰囲気になられていてビックリした覚えがあります。

ひとまず一歩を踏み出していただく機会ができたのではないかと、嬉しく思った記憶があります。

 

女性の皆さんは誰にも言えずに悩んでいる

結婚されて1年目、まだ20代ですでにセックスレスになっていて、赤ちゃんが欲しいのにどうしたらいいのかという切実なご相談もありました。
「セックスの時にまったく気持ちよくなれない、セックスが好きになれない」などのご相談も。
「自分はセックスしたいがパートナーがしてくれない、どうしたらいいか」「自分は相手に色々としているのに、相手は自分にしてくれない」などの不満を抱えていらっしゃるお悩み、ご相談もありました。
セックスの悩みは、たとえ女性医師であっても話しずらいものだと思います。
また、色々なお考えがあり、何が正しいのかなどは判断できない事も多く、こうしたらいいよと軽々しく言えない事も多くあります。

 

自分が変わる事で、周囲が変わる事もあると思います。

それぞれの複雑なご事情がある中で、新たな一歩を踏み出す事はとても勇気がいる事と思いますし、またリスクを伴うことがあるかもしれません。セックスに伴うリスクというものも、性病として存在していますが、知っていれば防げることも沢山あります。
このままではイヤだ、とストレスを感じている方々の、新たな一歩を踏み出す為の一助になれたらと思っております。

 

今後、普段の経験を活かしたコラムを

普段の外来では、子宮がん検診、卵巣がん検診、乳がん検診、妊娠検査、風疹などの抗体検査や予防接種、緊急避妊ピルや低用量ピルの処方、おりものの異常や不正出血、性感染症、子宮や卵巣の腫瘍、子宮内膜症、更年期障害、月経不順や無月経に対する検査や治療、赤ちゃんが欲しい方のための検査や指導などなど幅広く行なっています。

患者さんに接する中で、よくあるご質問、皆様に気をつけて頂きたい事や、最近流行している病気や、お薬に対する注意点などについてもお話ししていけたらと思っております。


【監修:関東の婦人科医 A 2017.4】

この記事を書いた人

最近の投稿

ページトップに戻る