女性専用風俗をお探しなら女性向け風俗店舗情報のみが掲載されている情報サイト『レディフー』でお好きな店舗、気になるキャストなどをお探しください!

コラム

日によって好みの男性が変わる? 生理周期と女性の性欲

女性の体研究室
2018年3月02日

なんとなくムラムラしちゃう日、
いつもより会社の上司にときめいてしまう日、
逆にパートナーとの夜になんだか気が乗らない日…。
自分の体って不思議ですよね。

これ、生理周期の影響かもしれないって知ってましたか?
今回はそんな女性の性欲と排卵周期について、人はなぜSEXをするのか?―進化のための遺伝子の最新研究の著書のシャロン モアレム博士のお話を紹介していこうと思います。

 

私たちが何に性的魅力を感じるかは遺伝子に組み込まれている?

女性の性欲と体の関係についてはいくつも研究があります。
におい、顔、季節など私たちが普段意識していない情報によって私たちの性欲が刺激されていて、知らず知らずのうちに行動をコントロールされていることも…。そんな中でも排卵周期と性欲の関係はとても強力なのだそうです。
なんと「月経サイクルに従って女性が好みの男性のタイプを変える」とか!

どうして今日だけあの人にときめくの?

シャロン・モアレム博士によると、排卵日には強い遺伝子を持つマッチョな男性を、逆に排卵日以外はパートナーにふさわしいやさしげな男性に興奮するのだそう。

「妊娠可能性がピークに達する排卵の前、中、後の数日間、彼女たちはマッチョな男性に激しく欲望を感じる。背が高く、声が低く、色が浅黒く、筋肉質の男性だ。こういった特徴は、その男性が潜在的パートナーとなるのにふさわしい健康と体力をそなえ、元気な子どもを提供するのにぴったりの遺伝子を持っている」
「一方、排卵期以外の時期の女性は、やさしい顔立ちで、目がくりくりしていて、落ち着いた物腰という、安定感や包容力につながり、ひいては生活と育児のパートナーとしてふさわしいことを暗示している特徴を持つ男性にかれる傾向が洗う」

え、それってつまり…子どもはマッチョな男性から、でも一緒に育てるのは別の人…ということでしょうか。なかなか怖い話ですね。

なんだか今日の服装地味かなあ…ってこと、ないですか?

しかも排卵日には魅力的な男性をゲットするために無意識に自分の服装までセクシーに変わっているとか。

「排卵が近づいて妊娠する可能性が最高レベルに達しているとき」「月経が近づき妊娠する可能性が最低になったとき」の女性の服装やアクセサリーを比べると、妊娠の可能性が高いときのほうが「セクシーに見せようとしている」という結果が出ている。

もちろんだからといって全ての行動が遺伝子の思い通りになるわけではありません。
でも思い返してみると、なぜかちょっと派手な恰好をしたくなる日って、ありませんでしたか? それってもしかしたら…。

本能のままに行動するのも、自分をコントロールしていつも通りに過ごすのもあなた次第です。
でも後から後悔することはないように、そんな遺伝子と上手に付き合っていきましょう!

参考:人はなぜSEXをするのか?―進化のための遺伝子の最新研究

 

関連記事:
女性の悩み、「月経前不快気分障害(PMDD)」について

この記事を書いた人

最近の投稿

ページトップに戻る